掌編小説集1/10 他有象無象ない元なる者か1点集中てい。リクエストありがとうございます。ご回答いただきありうござい

出来ればう一つ質問させていただきたいの、、、

宇宙開闢のビッグバンおいて、現在の宇宙構成する全ての物質やらエネルギーやら 他有象無象、ない元なる者か1点集中ていたわけ、ほ莫大な量の集中ありなら、なぜ極超巨大ブラックホールて潰れず、無事今のような宇宙て成長するこ出来たのでょうか

ビッグバン言えど、膨張速度光の速度超えるこ無かったのよね ならなぜブラックホールならず膨張できたのでょうか 他有象無象ない元なる者か1点集中ていたわけほ莫大な量の集中ありならなぜ極超巨大ブラックホールて潰れず無事今のような宇宙て成長するこ出来たのでょうかの画像をすべて見る。

ブラックホールの周りに広がる新たな「惑星」の世界。この「惑星」はブラックホールから約光年ほど離れたところを周り,その形成
には数億年ほどかかるとされます将来の技術革新によって,この新天体が実際
に検出されるのではないかと研究チームは期待しています.研究チームはこの
理論が正しいならば,銀河の中心に存在している太陽の万倍もの質量をもつ
巨大ブラックホールの周りにあるしかし,巨大ブラックホールを取り巻く円盤
には惑星の素となる塵が太陽の万個分という莫大な量で存在し史上初。イベント?ホライズン?テレスコープで撮影された。銀河中心の巨大
ブラックホールシャドウ。リング今回撮影されたのは。おとめ座銀河団の楕円
銀河の中心に位置する巨大ブラックホールです。このブラックホールは。
地球から万光年の距離にあり。その質量は太陽の億倍にも及びます。
ブラックホールは。莫大な質量を持つにもかかわらず非常にコンパクトな。宇宙
でも特異な天体です。下地球に向かってくる光の経路を斜めから見た図。

第84回。本講演では超巨大ブラックホールに関する話題と。日本も開発に協力している次
世代超巨大望遠鏡への期待平方センチメートル内に原子または分子が何
個あるかという個数密度を調べてみました。とはの乗のことで。が個
ブラックホールには堅い地面のようなものはないので。「当たる」という表現
よりも「吸い込まれる」という表現が良い実際。非常に小さな領域に非常に
大きな質量が集中していないと説明できない天体現象活動銀河中心核もその一
つも掌編小説集1/10。自分も相手も大切なものを守る為の手段なのだから。だけど。赤黒く血に
染まった手でお前を抱き締め返す事なんて出来なかった。他の奴のものになる
ぐらいなら殺して自分も死んでやる!貴方と生きていきたいと思ったからなん
だ。 ◇大切な人達にありきたりでありふれた平凡でも最期に幸せだったと
言える

リクエストありがとうございます。ブラックホールと宇宙のビッグバンとでは、構造上、大きな差があります。ブラックホールというのは、下の左図のように、質量が集中した部分とその外側の質量が集中していない部分に分離しています。このような構造の場合、外側に置かれた物質赤丸には、強力な重力が働き、中心部分に引き寄せられます。光も同様に引き寄せられ、事象の地平面の内側からは脱出不可能になります。一方、宇宙のビッグバンでは、下の右図のように宇宙全体に質量が分散して分布しています。また、外側というものがありません。なので、その中の一点赤丸に注目すると、上下左右から同じ力で引っ張られているので、合力はゼロになります。どこにも引き寄せられずに宙に浮いている状態だということです。なので、事象の地平面は形成されません。物質も光も、この中を自由に動き回ることができます。ただし、一般相対性理論を使うと、この格子点全体が膨張したり収縮するということがわかっており、膨張する場合がビッグバン、収縮する場合がビッグクランチということになります。このビッグバンの膨張においては、どんな高密度になっても時空の地平面が形成されることはありません。また、膨張速度が光速に制限されることもありません。ご質問で、 ビッグバンと言えども、その膨張速度は光の速度を超えることは無かったのですよね?と書かれていますが、それはNo です。この格子点の膨張は相似拡大になります。したがって、遠くを見るほど速い速度で遠ざかっているように見えます。宇宙が十分大きければ、ある距離で光速になり、その向こうでは、光速の10倍、100倍と増えていきます。ただし、それは隣合う格子点の間が少しずつ離れているのが積み重なっただけなので、結果的に遠く離れた2点間が光速を超える速度で離れていくことは禁止されないのです。次に、ビッグバンが起こった時、重力よりも強い力で膨張させる力が働いたから潰れずに膨張を始めました。これは、おそらく初期条件としていろいろな宇宙が誕生したと思われます。膨張させる力が弱ければ、あっという間に収縮に転じてビッグクランチを迎えてしまいます。今、我々がいる宇宙は、ちょうどいい力が働いて、膨張を始めたから、今のような星や銀河に充ち溢れた宇宙になったのだと考えられます。以上、ご参考になりましたでしょうか?物質と情報は光速を超えませんが 空間の膨張速度はこれにあてはまりません。現在の宇宙を膨張させている仮想のエネルギーをダークエネルギーと呼んでいますが、宇宙初期のインフレーション期にはインフラトンという これまた仮想のエネルギーで膨張したとされていますなぜ自らの重力で宇宙が閉じなかったかといえば インフレーションの急膨張によりあっというまに曲率ゼロの平坦な宇宙になったから と言えます。インフレーションは仮説には違いないのですが ビッグバン宇宙モデルでの地平線問題?平坦性問題を解決できて観測事実とも合うので支持されています物理学では、密度の上限は「プランク密度」とされています。ですからブラックホールもそれ以上の密度になることはできません。点には大きさがありません。数学では点がありますが、現実の世界では大きさの無いものは存在しません。また、大きさのあるものは大きさの無い点に収縮できません。更に、大きさの無いものが質量を持つことはできません。ですから、ブラックホールは点であるとの思考は観念に過ぎず、現実ではありません。プランク密度が、この宇宙の最高密度であることを、ご存知ない方↓が居られるので説明します。「①プランク密度より高密度」であると、「物質粒子同士の万有引力」が「物質粒子が最大加速度で動く力」よりも大きくなるため、物質粒子同士は二度と離れなくなります。これでは、「ビッグバン」は起こりません。ですから命題①は偽です。∴最も高い密度は「プランク密度」です。そして?プラン密度?とは、一辺がプランク距離lpの立方体に、1粒のプランク粒子プランク質量mpの粒子が入った状態です。そのことを詳説します。2個のプランク粒子プランク質量mpの粒子がプランク距離lpまで近づいた時の万有引力F=Gmp^2/lp^2=G×?c/G×c^3/?G=c^4/G=プランク力Fpです。一方、この宇宙の最高加速度はプランク時間tpに光速度cに達するものです。つまり、c/tpでこれを「プランク加速度ap」と言います。∴プランク粒子がプランク加速度で移動する時の力F’=プランク質量mp×プランク加速度ap=c/tp=√?c/G×c÷√?G/c^5= c^4/G=プランク力Fpです。この様に、2つのプランク粒子がプランク距離lpまで近づき万有引力で互いに引き合う力と、双方の粒子が動こうとする力とが、共にプランク力Fpとなり釣り合います。これではまだ2つのプランク粒子は、離れることが出来ます。そして、プランク距離lpより近づくと、万有引力の方がプランク粒子が動く力より強くなり、プランク粒子同士は二度と離れられなくなります。ビッグバンより前の状態が大きさのない点であると、物質粒子間に働く万有引力は無限大となり、粒子同士は二度と離れられないことが良く分かります。しかし、現実には「ビッグバン」により宇宙は膨張しました。「プランク密度」より高密度では、宇宙は膨張できないので、この宇宙の最高密度は「プランク密度」です。ビッグバンに関する研究や説は色々あり現時点ではそのどれが正しいのか、全く分かっていません。中にはビッグバンと言う現象そのものを否定する方もいます。その上で個人的には知る範囲では信憑性があると思える説の1つではビッグバンが起った時点では宇宙の内部には「物質」や「質量」はまだ誕生していない状態だった???と言う説です。その結果「重力」もまだ作用できる状態ではなかったという感じでしょうね。宇宙がビッグバンで誕生してしばらくはその内部はとにかく凄い高エネルギー状態でした。そこにはその後に宇宙内部に生まれる色々な事象の元になる存在で充満していたとされます。やがてビッグバンの影響による宇宙の膨張が進むことで内部のエネルギーが徐々に下がって行くことで内部が安定してきた事でそれまで充満していた物が徐々にその特性を発揮し始めるようになったと考えられます。その状態を例えるならAとBが合体すると事象Cとなるとした場合にビッグバン直後にはAとBは高エネルギーの中でかき回されていたので合体できない状態だった感じです。しかし時間が経過し宇宙が膨張してエネルギーの状態が緩む事でAとBは合体できる程度に宇宙内部が安定してゆきました。そこで初めて事象Cは生まれる事が出来るようになりまたもう少し時間がたつとDとEも合体できる状態になり事象Fが生まれ次はGとHが合体できて事象Iが生まれ???と言う具合に宇宙内部はビッグバンの後に時間がたつほどに現在存在する色々な事象が誕生していったと考えられます。また生まれたそれぞれの事象も事象Cはやがて事象+Cと-Cに分離したり事象Fと事象Iがぶつかって事象Jとなったり???と更に宇宙の膨張による変化からその内包状態を変化させてゆきました。結果、現在の物理法則が作用する状態に宇宙内部が変化するにはビッグバン発生直後ではなかったと考えれば当然、ビッグバン時点では物質や質量も存在していなかったしそこから発する重力グラビトンもまだ生まれていない状態で恐らくは時空や光光量子とかすら誕生するのはビッグバン後しばらくした後だったと考えられる???とい説です。

  • ファナック 前期比38%の600億円
  • 私はどっち そしてその男性はツーリングに行ったり遠出した
  • 校長の部屋 ハサミでは固まっていて切れないといっていてバ
  • 令和2年8月28日 長州の出身とは思えない総理ですね
  • 私掠船←これ これなんて読みますか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です