初心者向け 伊達氏のライバル会津の蘆名氏だった思お家騒動。天正年間の奥羽地方は、もっと混沌状態でしょう。山形の最上義光、伊達政宗のライバルだったのか

伊達氏のライバル、会津の蘆名氏だった思、お家騒動で勢力弱まっていたのか お母ちゃんの里の最上氏名門の蘆名氏米沢の伊達氏三強だったのでょうか 武家家伝_葦名氏。奥州の南朝勢力に対抗するため。足利尊氏は一門の石塔義房をはじめ。畠山?
吉良氏らを奥州管領としてあいついで派遣した。その後。葦名氏が南北朝内乱
期に会津地方の軍事指揮者として。守護の地位を確立していたことはまず疑い
ない。ただし。葦名一族の誰であったのか特定はできない。葦名氏た。代わっ
て。上杉?伊達氏などの隣接する大名や。南奥州の諸勢力との接触が表面化して
くる。蘆名騒動。蘆名騒動 ―角館?御家断絶と再興事件― 江井 秀雄えい ひでお 判?
頁 定価円+税常陸の佐竹氏と蘆名氏の関係会津内部の紛争伊達氏と東北
の雄を競って摺上原開戦前夜蘆名家滅亡の要因 濃い血縁第七章 会津に残った
蘆名遺臣と秋田移住の遺臣 ─蘆名の家名復活に託された名誉挽回運動の本質─

「郡山合戦1588年」四面楚歌の政宗が領土を守り抜き。しかし。このとき伊達氏の領土に攻め込んだ勢力はありませんでした。逆に大崎
氏月には帰参していた大内定綱が蘆名氏に寝返り。叛乱を起こします。弟の
片平親会津の蘆名氏は前年に当主の亀若丸が亡くなり。その跡目として。政宗
の弟である竺丸と。佐竹義重の二男である佐竹義広のどちらが入嗣するのかで
揉めた経緯があります。このとき蒲生氏郷を語ろう。会津は元々蘆名氏の領地だったのを。伊達政宗が攻め取った地である。弱っち
そうな平凡な名前になってしまう。つまり。謙信が築き上げた勢力は。この
内乱によって完全に失われるとともに。上杉氏は大きく衰退してしまったので
ある日 + この人があと年生きて会津に
居たらどうなってたかねぇどっちかというと政宗のライバルは氏郷だろ!
先祖たどっていったら。蒲生騒動でリストラにあったぽいけど。それ以上すすま
なくて。

盧名と葦名と。と葦 名と アかた 問 「東北の歴史」上巻豊田武編の ページに『蘆名氏葦
名氏蘆名氏がいつごろから会 津地方に所領をもつようになったのか。はっきり
したことはわからないというのが。本当のところ来の名門である葦名氏が威勢
を振っていた。……葦名氏は常陸伊達家世稙宗正室として。会津蘆名盛高の
長女が入嫁して以来。戦国の世の政略とはいえ。両家 の間には。極めて義勝
の時。家臣権を争うて和せず。猪苗代盛国ら叛して伊達氏に内応す。天正年
盛重蘆名氏/藩主/会津への夢街道。鎌倉時代。執権北条の領地となり。相模国の三浦義明の7男/佐原義連公が地頭代
となり。蘆名氏の租とする。 桓武平氏の血筋室町時代には。京都扶持衆として
。自らを「会津守護」と称していた。 蘆名年の間宝治元年。宝治
合戦で本家の佐原一族は滅亡するが。幕府方だった光盛公が佐原家の家名を残す
。領主の地位を確固とすめため。所領の寄進など寺社の勢力と関係を深めた
領主。 蘆名家の第19代領主 蘆名 隆氏 たかうじ公 亀王丸。亀若丸とも 父
の盛隆

初心者向け。始めは。近江に勢力を誇っていた六角氏に臣従していたが。長政が浅井家当主と
なった途端。六角氏と対立。妻が伊達家の娘であった関係で。伊達家のお家
騒動天文の大乱に出兵し活躍した。吉継はハンセン病だったことでも知
られており。関ヶ原の戦いでは自力で歩けないほどに弱っていたが。三成の
織田信長はなぜ明智光秀に裏切られたのか?領地の隣接する関東の大勢力 北条
氏や。現在の福島県会津付近を領有していた蘆名氏とも争うことになる。

天正年間の奥羽地方は、もっと混沌状態でしょう。蘆名氏の版図は今の福島県西部、伊達氏は宮城県南部と山形、福島の一部、最上氏は山形県の大部分、といったところで、三氏合わせても、東北地方の半分にも足りません。北部には、岩手県北部と青森県東部を抑える南部氏、青森県西部には、南部氏から独立した津軽氏、秋田県には秋田氏と小野寺氏、戸沢氏が割拠し、福島県の東部には、相馬氏と岩城氏が存在し、宮城北部から、岩手南部にかけては、大崎氏、葛西氏が、争っていました。このような状況下で、伊達政宗が台頭し、短期間で、蘆名氏を滅ぼし、大崎?葛西氏を併呑して、数年の間に東北一の勢力にのし上がります。一方、最上氏も北進し、秋田の諸勢力の土地を侵食して、奥州の第二勢力に発達します。emo********さんの相馬氏がライバルだったというのが一番適切な表現だと思います。伊達稙宗 蘆名盛高の娘長女 相馬顕胤の正室で相馬盛胤の母親???相馬氏←ここ注目!!次女 蘆名盛氏室で蘆名盛興彦姫の夫Cの母親???蘆名氏長男 伊達晴宗★次男 大崎義宣天文の乱のどさくさで暗殺される伊達稙宗 側室中条氏三男 伊達実元A伊達成実の父親伊達稙宗 側室下館氏二階堂照行正室で二階堂盛義B阿南姫の夫の母親???二階堂氏田村隆顕正室で田村清顕政宗妻の父親の母親???田村氏伊達稙宗 側室中館氏梁川宗清の母親伊達稙宗 亘理氏亘理元宗の母親他葛西晴胤若くして亡くなる???葛西氏村田宗殖越河御前相馬義胤正室で相馬利胤の母親これ以外にも伊達稙宗の子供はいますが、割愛します。伊達晴宗★ 岩城久保姫岩城親隆岩城重隆の養子阿南姫B二階堂盛義正室で蘆名盛隆Dの母親伊達輝宗☆女子A伊達実元の正室女子小梁川盛宗の正室留守政景留守顕宗養子石川昭光石川晴光養子彦姫蘆名盛興室C→蘆名盛隆正室D宝寿院佐竹義重正室で佐竹義宣と蘆名義広の母親国分盛重杉目直宗これでわかるように伊達晴宗は相馬盛胤と敵対関係でした。簡単に説明すると、晴宗は、稙宗を追いやります。そして、長男を岩城氏の養子これは白河結城氏と岩城久保姫の婚姻をNTRした為に入れて、岩城氏と次に二階堂氏に長女の阿南姫を入れて味方に付けます。この時点で伊達晴宗 二階堂盛義 岩城重隆 VS 伊達稙宗 相馬盛胤 蘆名盛氏そして、蘆名盛氏は二階堂盛義を攻撃します、息子の二階堂盛隆が人質になり、これが後の蘆名盛隆となりますが、伊達晴宗も和睦の為に彦姫を蘆名盛氏の息子、蘆名盛興の嫁に送り込みます。これによって蘆名盛氏は晴宗側に付きます。伊達晴宗 二階堂盛義 岩城重隆 蘆名盛氏 VS 伊達稙宗 相馬盛胤 これで、伊達稙宗派は完全に落ち目となり、伊達晴宗が南奥羽の覇権を握ります。その後は、弟に自分の娘を正室として送り込み、これによって伊達実元を伊達稙宗の後継者だと思っていた勢力を懐柔します。実元が姪を正室にしたのは変かと思いますが、晴宗の娘というよりも久保姫の娘なので、凄い美人だったそうです。久保姫自体が美人で有名だったので、実元は若い奥さんとの間に念願の男子である伊達成実ができました。この人が後の伊達政宗の右腕となる人物です。次に北方の留守と国分に息子達を養子に入れて、二階堂の更に南の石川と佐竹に養子と娘を送り込みます。それでも、伊達稙宗と相馬盛胤は、抵抗し、稙宗の死後、隠居地の伊具郡を占領してしまいます。これが20年くらい続くのですが、その間に伊達政宗の父親である伊達輝宗が伊達家の跡取りとなり、正室は最上義守の娘を貰います。最上義守の義母は伊達稙宗の妹でしたが、稙宗派の勢力が弱まったのを見て伊達晴宗に鞍替えしたのでした。伊達晴宗 二階堂盛義 岩城親隆 蘆名盛興 最上義守 VS 相馬盛胤 田村清顕これで伊達家盤石じゃんと思うのですが晴宗は、息子の輝宗に実権を渡さないので、家老の中野宗時が、そろそろ父親を隠居させましょうとそそのかします。輝宗としても、とっとと、相馬を倒したいのですが、晴宗が妹の嫁ぎ先という手前、本気を出せなかったようです。伊達晴宗 二階堂盛義 岩城親隆 蘆名盛興 VS伊達輝宗家老中野宗時 最上義守 田村清顕 VS相馬盛胤なんと、輝宗は、田村と組んで、伊達晴宗を隠居に追いやりますそれに怒ったのが、田村と争っていた二階堂盛義の妻である、姉の阿南姫です。晴宗の勢力は一気に衰えます。それは晴宗の懐刀である中野宗時が輝宗についたからです。ですが、輝宗は宗時の専横に嫌気がさします。二階堂阿南姫 岩城親隆 石川昭光 佐竹義重VS伊達輝宗 最上義守 田村清顕 蘆名盛隆 VS相馬盛胤晴宗は隠居し、輝宗は中野宗時を追放し相馬討伐をします。その頃、息子の政宗、従弟の成実、中野宗時の家老の遠藤基信、片倉小十郎が活躍しはじめます。 また、この頃、佐竹義重が二階堂阿南姫と組んで、輝宗なめんなぁーと連合軍を結成します。でも、輝宗は、佐竹義重をけん制するために織田信長と北条氏政と同盟を結びます。これは遠藤基信が外交通だったという点もあります。まあ、輝宗が父親を存歳に扱った事、姉の二階堂氏の宿敵だった田村と婚姻を結んだことで、兄の岩城親隆と姉の二階堂阿南姫を怒らせたという事もありますが、相馬盛胤から、伊具郡を奪還することになりました。ただ、田村清顕の妻が相馬氏すなわち愛姫の母親という点もあり、それ以上の事はしませんでした。その後輝宗の動きは、北方の大崎領に接する国分と留守領に強化でした。二階堂阿南姫 岩城親隆 石川昭光 佐竹義重 結城義広 VS伊達輝宗 最上義守 田村清顕 蘆名盛隆 VS最上義光 大崎義隆 + 相馬盛胤輝宗は、南は兄姉弟と妹の嫁ぎ先だったこともあり、北方と越後の揚北衆の切り崩しを狙っていました。そんな時に最上義光が最上義守を隠居させて、最上家を手中にすると、義光からすれば大崎は本家筋で、奥さんの実家です。輝宗なめんなーと戦になります。相馬盛胤はそこに便乗しつつ、輝宗の家臣だった大内定綱や従属する畠山義継を味方に引き入れます。その頃伊達政宗が、伊達家の相続をします。二階堂阿南姫 岩城親隆 石川昭光 佐竹義重 結城→蘆名義広 VS伊達政宗 田村清顕 VS最上義光 大崎義隆 + 相馬盛胤まあこの後は、輝宗と盛隆が暗殺され、田村清顕と岩城親隆が病気になります。このチャンスに相馬盛胤は、田村氏を乗っ取ろうとします。政宗は、これに対して4面方向で対応します。これが見事だったとしか言いようがありません。北方まず、北方の最上義光と大崎義隆には、大崎の分家氏家氏を寝返らせ、泉田重光と留守政景が援軍を送り戦わせます。この戦は大崎合戦と言い、伊達勢が戦では敗北しますが、外交戦で、庄内地方に上杉勢を誘導した為に最上義光は政宗に大崎領から徹底する代わりに和睦を要請してきます。これで、大崎領は伊達家の領地となり、更に北には伊達家の分家である稗貫と葛西、追従する和賀がいたので、北の脅威は無くなります。東方同時進行で、相馬北方にも兵を配備して、ここには兵を割けないので、北と西の動向を見て、防衛する部隊を置きます。進軍をはじめたのが、北方と南方が定まってからです。相馬の直接支配する駒ヶ嶺城を落として南進します。そう思うと今度は、田村氏の三春城に伊達軍が入り制圧し、相馬勢を三春から追い出します。南方ここは敵の主力である、二階堂、岩城、石川、結城、佐竹が連合軍でいます、伊達勢は、北方の動向が決まるまでに相手連合軍の7分の1しか兵力を置けませんでした。それでも石川と結城が裏切ると、嘘の情報を流して結果、この兵力差を覆す戦を何度もします。特に政宗の側室の父である飯坂氏の奮戦のおかげで、死守します。西方佐竹からの蘆名宗家の養子を拒む猪苗代氏や蘆名分家を調略しつつ、原田?後藤勢が檜原方面から攻めていきました。結局のところ、佐竹が会津に入り蘆名を牛耳りましたが、政宗が追い出した格好になります。そして、政宗の叔父や従兄、親戚の大名家結城氏も女系は伊達氏が多いばかりなので結局は、佐竹の力が落ちると、一気に伊達家に付くようになります。元々伊達晴宗寄りだったから、政宗に力があれば、伯母の阿南姫も認めざる得ませんし、伯父の岩城親隆その頃重病でした。それでも、相馬は、政宗を伊達稙宗の後継者として認めてないのが、自らが伊達稙宗の後継者だと言い張る相馬盛胤です。結局、相馬は、伊達家と血縁であり、田村家とも血縁であったので、討伐を後回しにされたという事も幸いして豊臣政権を生き残り、関ケ原でも政宗に協力したとして不問にされます。最上はライバルのように扱われますが、実際は、義光の時代に伊達家を脅かすところまで行きましたが、外交戦で、伊達家に降伏しており、それを挽回するために豊臣政権時に家康と誼を持ったために大大名になりますが、義光が亡くなると利用価値がなくなり、逆に政宗の傀儡になりそうだったので、江戸幕府に改易にされてしまいます。結局のところ最上家は義光が稀代の英雄だっただけだと思います。そういう点からも歴代に有能な将が出ていた相馬氏が一番伊達家の傀儡にならず、逆に稙宗の後継者としてのプライドを持って輝宗?政宗親子と戦った一番のライバルだと思います。最上氏も蘆名氏も伊達氏の婚姻外交関係の影響下にありました。当時の伊達氏独特の外交関係による他勢力への抑圧は絶大な影響力を持っていましたが、天文年間に天文の乱が勃発すると周辺諸国を巻き込んだ内紛に発展したために縁戚関係にある周辺諸国を頭から抑え込む事が難しくなり、嘗ての奥州探題であった大崎氏の再台頭や最上氏の羽州探題簒奪に繋がっていきます。そんな弱体化した伊達氏を再び盛り立てたのが天文の乱の当事者でもある伊達晴宗とその子の伊達輝宗です。彼ら2人の尽力のおかげで戦国黎明期に誇った伊達氏の権勢はある程度回復し、次代の政宗の登場を持って最盛期を迎えるのです。また、最上氏は伊達晴宗との縁戚外交輝宗と義姫に至るまでは国人領主と争ってそれを満足に併呑することも出来ない程度の大名ですし、蘆名氏も盛氏が出現して漸く会津を中心に勢力を拡大していくも直ぐに佐竹氏などの介入によって凋落していきます。また、天文の乱以前に於いてはほぼ全ての近隣諸国の有力者が伊達氏の縁戚ですがこの中で天文の乱以降に伊達稙宗に代わって正当な伊達氏の継承を謳った家が一家だけあります。それが相馬氏です。彼らは天文の乱では稙宗を支持し彼が敗北してからは伊達氏の正当な後継者を自称して家督を継承した晴宗に敵対行動をとります。ですからライバルという点では相馬氏がぴったりだと思いますね。最上と伊達は力の差がありすぎるし、領土利害があまりぶつからないからライバルとは言えない

  • Engel もともとパレットにある肌色を自分で色味の調節
  • 一年記念日 もうすぐ彼女と1年記念日ですがコロナで何もし
  • お客様の声 そういったスケジュール管理に関してはハウスメ
  • 退職できない 出来るだけ早く辞めたいのですが辞めたいと伝
  • 輝く高品質な ↑こんな感じで頭の先から足のつま先まで手入
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です